サマセットモームの中身

向井地美音さん、AKB48について

リクアワウィーク振り返り 前編

じゃ、語ろっか。

チームA単独

plus.google.com

良かった点

4年ぶりのチーム単独公演のトップバッターとして、副題に沿った形でテーマのあるコンサートを作り上げた点や、グループとして難しい時期にある中で総監督のコメントを差し込んだ点もフラッグシップチームとしての責任を果たしたと思う。

良くなかった点

影アナでみーおんがこんばんわって言った瞬間に違和感はあった。どしたー?って思った。overtureのあと導入のムービーが流れた時、やばいかも…って思った。メンバーより先に大道芸人が出てきてやばいなーって声に出して言った。裸のマッチョが担ぐ神輿に座った小栗有以さんが出てきた瞬間死んだ。何で余計なことをするん?とにかくこの一連の余計な演出さえなければ平均点のコンサートだったのに。

構成としては序盤に癖の強い、コンセプトを主張した楽曲を持ってきたけど、後半とアンコールにイデオロギーがないというか、よりチームA感を押し出す構成にできればよかった。セトリだけ見ると十分チームAの曲やってるやんって感じだけど、ラベンダーフィールドは移動曲だったし、ギンガムチェック大島優子さんのイメージが強すぎるからKっぽいんですよね。この辺はチームBやチームKのコンサートと比べると分かりやすく足りていない部分だった。それからなんて素敵な世界に生まれたのだろうを全体曲からの流れに乗せて披露したのもよく分からない、本編ラストでParty is overやるならここまでは盛り上がる曲やっておけばいいのに。というかParty is overで締めるならPartyが始まるよで幕を開けたほうが…。MCも楽屋ノリの王様ゲームとかやるくらいならそこそこウケるだろう内容の台本を用意しておいて欲しい。

印象に残った曲

M01 美しき者

今回のコンサートのテーマ曲。目撃者公演でも雰囲気が出ていて迫力があるし、岡部チームAといえばという曲になったと思う。

M06 She's gone(加藤玲奈、千葉恵里、長久玲奈人見古都音

コンサートのたびに聞いてる気がするほどユニット曲の定番になった。M.T.公演の曲の中でも一番披露されてると思う。今回のメンバーは岡部チームAのなかでも特にスタイルが良いメンバーってところなのかな。椅子を使った特徴的なパフォーマンスなので細い手足が映える。

M12 背中から抱きしめて(岡部麟、小栗有以、加藤玲奈宮崎美穂向井地美音、山根涼羽、横山由依

センターが山根涼羽さんだったの良かったなぁ、このコンサートで一番AKBのいいところが出てたと思う。やっぱりオーディションから研究生を経て正規のメンバーになったAKBが最高ですよね。他意はありません。

E4 Overtake

いちごちゃんず公演で聞いて以来、いい曲だからもっとやって欲しい。チームBの初日、チーム4のチーム坂、チームAのOvertake、チームKのスクラップ&ビルドみたいなところがあるない了解。

 

チームK単独

plus.google.com

良かった点

チームA同様に副題に沿ったテーマのあるセットリストを構成してきていて、込山チームKの出したい色とやりたいことが存分に伝わってくる最高の公演だった。

序盤4曲(“求愛”)が込山チームKが出したい色、中盤にユニットとダンス曲を挟んでMC明けに歴代チームKを辿るパート(“軌跡”)、ここがやりたいことだったんじゃないかと思う。公演中に何度も込山榛香さんが歴代チームKへのリスペクトを口にしていたけど、今までのKらしさをベースに残しつつ可愛らしさや色っぽさも全面に出して行くという意図がとてもよく伝わった。ジャーバージャって何?からの流れもあったし、早い段階からメンバーの中にそういった意図が浸透していたことや劇場公演の回数を重ねていたこと、リハーサルを十分に行ってきたことがチームとしての成熟を促した気もする。支えでみんなが涙を流していたのが印象的だったし、その雰囲気が観客に伝わったからこそのチームKコールだったと思う。どのチームも8とそれ以外のメンバーの壁を取り払うのが難しかったんじゃないかと思うけど、その別け隔てを最も感じなかったのもチームKだった。

良くなかった点

 各パートの導入部分やユニット曲が始まる前に“騎士”とか“硬貨”ってモニターに表示するやつが何の曲をやるのか分かってしまったのでやめて欲しかった、前者は君はペガサスしかないし、後者は10クローネとパンに決まってるので。それとエリアKの振りコピコーナーみたいなやつ、結局エリアKをワンフレーズしかやらないのウケた。こじまこやめないで。

印象に残った曲

M02 口移しのチョコレート
M03 Innocence

この2曲はオタクが大袈裟にセトリを予想しても出てこない選曲でしょ。口移しのチョコレート、こういうユニット曲を全体曲として使うやついいよね。Innocence、大人組がここぞとばかりに息巻いてたのがウケた。歌詞的には大人が頑張る曲でもないのにね(面倒くさい)衣装脱ぐやつとモニターの映像はメンバーのお父さんが頭抱えるやつだった。

M16 RESET
M17 細雪リグレット
M18 愛しきライバル
M19 哀愁のトランペッター
M20 終電の夜

“軌跡”パートの5曲。これが当時のチームKの映像をモニターで流しながら披露するやつで、ベタなんだけどめちゃくちゃエモかった。みーおんのソロコンでも1期生の映像流しながらユニット曲を披露したけど、みーおんがオリメンをオーバーソウルしたのと全く同じで、今度は込山チームKが秋元チームK大島チームK横山チームK峯岸チームKをオーバーソウルしてた。(日本語なし)

M24 支え

嗚咽を漏らしながらチームKコールした(オタクはアイドルを見て嗚咽を漏らすな)

 

チームB単独

mdpr.jp

炒り卵Bと4のセトリ上げ忘れてるぞ。

良かった点

はじめ良ければ半ば良し、終わり良ければ全て良しって言いますけど、1曲目が希望について、アンコール最後がオネストマンです。チームBもチームKと同じくらい最高のコンサートでしたね。序盤の11曲連続披露は度肝を抜かれたし、アリーナはいつまで続くのまだ終わらないのとざわついてた。それくらい圧巻のパフォーマンスが続いたしBeginner→RIVER→NO WAY MANの畳み掛けが終わった瞬間の拍手と声援は凄かった。わかったわかりましたチームBは可愛いだけじゃないです勘弁してくださいって言った。

チームKと共通してるのは序盤にチーム曲を使わないという点で、そのおかげで後半一気にチーム感を押し出せる構成になっているんですよね。序盤に意外な曲やるのも何やねんってなりそうではあるけど、そこが上手くいけばチーム単独コンサートとしてはすごく綺麗にまとまるなと思った。

あとは今のチームBって絶対的なセンターがいないくて、いい意味で。福岡聖菜さんと高橋朱里さんと久保怜音さんと柏木由紀さんが同じくらい魅力的なセンターができる。だからそれぞれが得意分野の曲でチームの顔になれるのは強いと思った。可愛い曲は久保怜音さんがやるし表現力いる曲では福岡聖菜さん、かっこいい曲は高橋朱里さん、みたいな。柏木由紀さんに至っては序盤こそ脇役に徹していたのに、後半シアターの女神でセンターをやったあたりからゴリゴリに存在感出してきて、いやコンサート終盤までシアターの女神とゆきりん温存してるの何、となった。チームとしての総合力の高さを感じる。

あとはハイテンション・法定速度と優越感・君と虹と太陽とをやったのが偉かった(好きなだけ)

 良くなかった点

新しいチャイムが何故か全員曲じゃなかったのと君と虹と太陽とが移動曲だったのは残念だった、せっかく聞けたのに。呼び捨てファンタジーもいいけどたまにはラブ・ジャンプとか恋をするとバカを見るとかもいい曲だよね。あとはラストのオネストマンが薄味に感じるくらい本編が濃いコンサートだったのでイントロ即沸きするためにもこの曲は序盤に入れて欲しかった、偏差値2になるためにコンサートに行くみたいなところがあるので。

印象に残った曲

1.希望について

先頭打者初球満塁ホームラン(存在しない日本語)、本当に震えた。

5.だらしない愛し方

オリジナルを超えちゃうやつ、良くないぞ。あまりに良すぎて頭抱えた。まぁみーおんは彼氏がいたことがないから表現力で劣るのは仕方ないのですが。

11.NO WAY MAN

谷口めぐさんがミネルヴァ公演でセンターを務めたMake noiseのファンなんだけど、この曲でもセンターをやっていてそれがすごく良かった。一番シンドそうなところでニヤって笑うんですよね、狂気を感じる。15期それぞれに得意なパフォーマンスが出来て、横並びで面白みがなかったみんながステージ上で生き生きとしているのを見ると目頭が熱くなる。

17.みなさんもご一緒に

実はあまり披露されない曲な気がするのでコンサートの定番曲にして欲しい、シンプルに盛り上がるし。中西智代梨さんのセリフの部分完璧だった。

22.僕たちの紙飛行機

連番相手が久保怜音さんのサイン入り紙飛行機をゲットした。

 

 

後半へ。