サマセットモームの中身

向井地美音さん、AKB48について

楽しいばかりがAKB!前半戦の感想

この夏のAKB48は最高です

広島公演が終了し同時にAKB全国ツアー2019の前半戦が終了しました。出演したメンバーの皆さんは本当にお疲れ様でした。とりあえず内容も好評で一段落かなと思うし、チーム公演もやり切って、また次の福岡公演に備えて欲しい。

先日の後半戦メンバーの発表を持ってこのツアーは正式に前後半と分けて捉えていいんだと思うんだけど、後半戦もまた新たなメンバー構成で今までとは違う雰囲気だったり、セトリも少し変わるんだろうなとか、楽しみなことが尽きません。最高ですね。

個人的にはここまで大阪夜公演を除いた5公演を見てきたんですが、まぁ本当に楽しくて同じものを5回見たとはとても思えないほど毎回新しい発見や、メンバーの成長や、オタクがセトリに順応していく感じとかも味わえて、今までオタクをしていて"全国ツアーに通う"みたいなことをしたことがなかったので、本当にこの1ヶ月楽しい思いをさせて頂いた。

 

全曲感想行きます。

0.overture

毎回開演前にメンバーが1人出てきて、Siriに扮したメンバーとの掛け合いを挟んでovertureになります。ここの掛け合いも場所ごとに内容が考えられていて、大阪では新喜劇のテーマが流れたりしてすごく微笑ましかった。1からツアーを作り上げていこうっていう気持ちを感じられた。

1.真夏の Sounds good ! 

f:id:hr3_0n:20190808204607j:image

1曲目が井上ヨシマサ作曲なのいいよね、AKBの夏といえばあのブラスの音が聞こえて来ないとねみたいなところがある。仙台まではみーおんがセンターだったけど広島では岡田奈々さんがセンターでした。overture前の寸劇役のメンバーがここで会場を煽るまでがセットなのかな。冒頭の衣装も仙台からはフラゲMステ花衣装に変わって、これも最高でしたね。華やかさと夏っぽさでこの衣装の右に出るやつは無いと思う。メンバーが客席近くに来てくれるのも序盤からブチ上がるので良い。

2.Everyday、カチューシャ

立て続けに井上ヨシマサ、夏、振りコピが楽し過ぎて私は大体ここで一度"17人目"になります。(そうなんや) やっぱり2011年っていうのは一つの節目というか、それまでぼんやりとAKBを見ていた私がオタクになる1歩目だったので、この曲を聴くとやっぱりブワッと来る、身体の中から、異臭が。

3.君だけに Chu ! Chu ! Chu ! 

大阪で初めてこの曲のイントロが流れた時マジでデカい声が出た。いやデカい声ってマジで出るんですよね。セトリ予想してた時ユニットでてんとうむchu来そうだなとは思ったけど冒頭3曲目にこれは誰も考えないでしょ。みーおん曰く元気な感じとコールアンドレスポンスで盛り上がれるからいれたらしいけど、結局その目論見通りというか、声出して振りコピしてがめちゃくちゃ楽しい。1階席にはここで全編通して唯一トロッコが出ます。

4.そばかすのキス

そばかすのキス、これもまぁ流れからしたら唐突に出てくるんだけどみーおん曰くいい曲だし、みんなでサビの振りを踊れるから入れたとのこと。まぁ問答無用のmasterpieceなのでイントロから落ちサビ、アウトロまで全部偉い。思想的には私はこの曲を冬曲としえ捉えている話はまた別の機会にしたい。後ろのモニターに映像が映るのもこの曲からだと思う、撮り下ろしのめちゃくちゃ可愛いやつ。この曲が終盤に組み込まれてたら落ちサビでAKB48コールもしくは各々の推しメンの名前をコールするやつでエモくなれたよねみたいなところはある。

5.ただいま 恋愛中

ただいま恋愛中、このツアーで株を上げた曲の1つだと思ってるんだけど、みんなはどう?イントロでみーおんの煽りが入るんだけどそれもまたいいんですよね、こんばんわー星野源でーす!みたいな感じのやつ(伝われ) 公演では1曲目だけど、こういう風に中締め的な使われ方してもすごくハマる、オッオッオッーのところが好き。あなたにイかれてる、分かる。

6.彼女になれますか?

やっぱチームKだなー!って感じで、この曲のアップテンポな曲調が序盤の勢いをさらに加速させるみたいなところがあって、押しも押されもせぬmasterpieceですよね。個人的には2番のお弁当作っていいですか?の振り付けがめちゃくちゃ好き。全ツではワンハーフなので見れないのですが。あとバスケットのインターハイ応援に来てと、の部分のドリブルの振り付けが好き。

7.2人乗りの自転車

イントロで押し寄せる静寂と、会場内に張り詰めるキタキタキタみたいな緊張感が8曲連続披露を飽きさせない、フックになっていてすごく良い。セツナアップテンポといえばみたいなところがあるし、歌詞の中に夏を連想させる言葉は無いけど、なんとなく夏の日の帰り道、夕焼け空の曲なんだろうなと思う。最後拳を振り上げて終わる振りも良いよね。

8.RUN RUN RUN

この曲もイントロでキタキタキタってなる、まぁ大体の曲でなるのですが。秋元康カルタの"せ"はほとんどが"青春が息をする"になっているといっても過言では無い。サビの振りコピが楽しい。ここまでで序盤8曲連続疲労が終わる。どうしてRUN RUN RUNがチーム4曲扱いなん?っていう話はインターネットでガンガン巻き起こって欲しいところ。

9.Choose me ! (西川、小栗、福岡、岩立、込山)

以前ツイートしたアケいい話の曲。思い知ったかAKB48向井地美音についてくれば間違いないぞみたいになる。ユニットは全編通して"若手メンバーをお姉さん達で挟む"形になっていて、この曲のセンターは西川怜さん。小栗有以さんを脇に置く贅沢なメンバー構成ではあるけど、西川怜さんの「誰よりもあなたが好きです」を聞いたら誰もがウゥッとなります。しなやかな長い手足が振り付けにも合っててとても良いです。

10.To go で (久保、岡部、向井地)

大阪ではほとんどの人が聞き馴染みのなかったであろうこの曲、私は大好きでした(そうですか) カフェの店員をお持ち帰りしたいみたいな内容のものとんでもない歌詞だけど、まぁさとちゃんがカフェの店員だったらお持ち帰りもしたくなるよね。岡部麟さんとみーおんで挟むとチームA感がすごいからさとちゃんも将来はチームAでAKBのフラッグシップを担ってほしいみたいなところがある。

11.誰のことを一番 愛してる? (山内、武藤、佐々木、倉野尾、村山)

坂道AKB(笑)となってしまうので基本的にあまり聞かないし好きな曲でもないんだけど、この曲の山内瑞葵さんは間違いなくこのツアーの見どころの一つだと思います。どハマりしててびっくりする、脇を固めるメンバーもパフォーマンスを売りにしてるメンバーなので一体感が凄い。サケカスも納得(知らんけど) 山内瑞葵さんにもいつか人を殺してでも結ばれたい好きな人が出来るんかな、悲しい。

12 Relax! (坂口、柏木、岡田 )

誰のことを…からのRelax!、高低差がすごい。一変して坂口渚沙ちゃんは可愛いンゴねぇとハートフルな気持ちになる。後ろのモニターに映るRelax!のフォントがAKB48のロゴのフォントらしい、ダイヤモンド神が教えてくれた。どこ見てんねん。みーおん曰くここは君しかにするか、Relax!にするかで迷ったらしい。

13.鏡の中のジャンヌ・ダルク(向井地、岡部、込山、岩立、村山)

f:id:hr3_0n:20190808215416j:image

AKB48の歴史の中でも一番カッコいい演出、各チームキャプテンと総監督による迫力のパフォーマンス、この曲だけでチケ代7000円はお釣りが帰ってきますね。AKB、やればできんだよなぁ!全アケカスに見て欲しい、今のAKB48を下支えするこの5人のこの曲を。

14.僕の打ち上げ花火

それでまぁ申し訳程度に浴衣で花火曲です、この曲も何か唐突に組み込まれてるんですけど、まぁいい曲やし浴衣のメンバーが見れるだけありがたいみたいなところはある。

モニターの映像は使い回しです。

15.イビサガール(緑と森の運動公園、夢力)
16.ワロタピーポー(47の素敵な街へ、ペダルと車輪と来た道と)

ここの2曲は撮影可能の練り歩きタイム、糞席に与えられた一発逆転のチャンス。全国ツアー、地方感をどう出してくるのかっていうのを少し注目していたんですが、ここに各地に縁のある曲を組み込んで来たのはすごく良かった。今までは撮影可能タイムにmasterpieceを当て込んでガッカリさせられることも多くて、それを解消したことと、セトリの中に無理に支店曲を入れたりしてAKB48らしさが失われたりせず、かつ全国ツアーっぽさが演出できているので。あとこの次のダンス曲パートへ向けて曲中に衣装替えがあって、曲中に撮影終了のアナウンスがあって、ガチャガチャせずに一連の流れの中で撮影可能パートを消化させているのが本当に偉い。この文化をチーム8から輸入してきて久しいけど、あるべき姿の一つだなと感じてます。(長い)

17.Teacher Teacher

ここからの3曲は私が一押ししたいツアーの見所で、モニターに映し出される映像とメンバー迫真のパフォーマンスは必見です。曲に対する印象すら変えると思います。前半戦の主役だった小栗有以さんセンターのこの曲だけど、去年末の歌番組、レコ大を経て小栗有以さんのオーラと存在感がバッキバキに出てます。まさに美しき者、平伏したい。

18.NO WAY MAN

NO WAY MANも引き続きめちゃくちゃカッコいい、岡田奈々さんセンターです。カッコいい奈々ちゃんはここです。Beginnerよろしく振りの途中で衣装のフード被さるやつがすごい。髪の毛どころか衣装でも踊れるの何。この曲意図して爆音にされてます(多分前後2曲も)、PA分かってるやんとなる。

19.僕たちは戦わない

正直前の2曲まででかなりお腹いっぱいになるし、メンバー見てるといやマジでまだやるん?ってくらい振り絞って来るので、大阪と広島ではどよめきが起こりました。ここで曲中に衣装替えがあって、フロントメンバーが入れ替わります。入れ替わって前に立つメンバーがとても良いです。モニターの映像でテラフォーマーみたいになるのもウケです。

20.言い訳Maybe

ここからシングル曲フル尺パート、およそ20分ぶっ通しです。みーおん曰くここの4曲はストーリーが繋がっているらしく、その歌詞観に思いを馳せると1秒も辛くないらしいです。ちょっと引いた。普段見れない2番の振り付けとかも注目してみると面白いです。

21.希望的リフレイン

希望的リフレイン込山榛香さんセンターなのが良い。シンメは佐々木優佳里さんだったと思う。個人的に希望的リフレインはMV撮影新規なので(そうなんや)、振り入れも完璧なのでこの辺りから"17人目"になってしまう。この曲の2番"瞼を閉じてもその微笑みが離れない"の部分の振り付けがめちゃくちゃ好き。

22.大声ダイヤモンド

AKBの全楽曲の中で一番好きなこの曲、歌い出しをみーおんがやるようになってからますます思い入れが深い。(徹底的に自分語りする人) 2番サビの"絶対に"のところで腕をグッとする振り付けのファン。最後"好きって言葉は最高さ"の部分でみーおんの渾身の煽りが聞けます、みーおんの甲高い声で泣けてくるやつです。

23.#好きなんだ

全国ツアーでこの曲にどハマりしてる。2年前の総選挙の因縁があるのでもしかして今まで心の底からこの曲を楽しめて無かったのかもしれない。Bメロの時の後ろで踊るメンバーの振り付けがめちゃくちゃ楽しいのでみんなでやった方がいいです。2番で村山彩希さんがこれを最高にいい表情でやってます。
~アンコール~

EN1.AKB 参上!

広島公演ではここがサステナブルに変わりました。ここまでの流れを考えればAKB参上の方が間違いなく良いです。みーおん曰くAKB参上やり過ぎてごめんでもやっぱりこの曲でしょ、みたいな感じだった。正直アンコール明けまで喉が残っていないけどメンバーが汗まみれで頑張る姿を見てると頑張れます(一生オタク)

EN2.恋人いない選手権

令和のAKB48に与えられた新たなライブ映え曲です。まぁ公開されたのは平成やけど。ちゃんと練習していかないとコールを入れるタイミングが難しいんですが、広島夜公演ではみーおんが感動して泣きそうになるくらい盛り上がったとのこと。実際めちゃくちゃ盛り上がったと思います。次のアルバムか何かに音源収録してもらえませんかね。

EN3.法定速度と優越感

アンコールまでこの曲を温存するのズルイよねを恋人いない選手権からの法定速度と優越感、最高なんよ。みーおん曰く、頑張ってピョンピョン踊ってるみんなが可愛い、私も可愛い、とのこと。了解。

EN4.君と虹と太陽と

f:id:hr3_0n:20190808224739j:image

終わりよければ全て良しみたいなところがあるけど、全て良し 終わりがなお良しというか、最後の最後にこの曲で終わるのは本当にズルい。2010年からオタクが見続けた夢がようやく2019年に報われたというか、なんでここまで長引いた?って感じだけど、みーおん曰くコンサートの最後の曲といえばこの曲みたいなところがあるしみんなもそう思ってたのが反応で分かった、とのこと。最後にステージにリボンで熨斗を付けるみたいな演出があるんだけど、広島夜公演ではここのグダクダが解消されてて良かった、どこかのタイミングで練習したんじゃないかなと思ってる。

 

ということでおよそ5000字に渡って今回のツアーを振り返りました。誰が読むんですかこれ。向井地美音さん聞こえてますか、今あなたの心に直接呼びかけています、ブログ読んでください私の気持ちです。

 

以上。