サマセットモームの中身

向井地美音さん、AKB48について。

だけど君を引き止められない

 山口真帆さんは他のメンバーにけしかけられたオタクに襲われたんじゃなくて、繋がってたオタクを切ろうとして揉めただけ。分かってる事実から考えるとそういう真相の方が道理が通るみたいなところがある。真相はこの際どちらでもいい。山口真帆さんはNGTを去ることになってしまった。じゃあ本当に今回のことは彼女にNGTが攻撃されただけだったのかというと、実際は他にも繋がってるメンバーが山ほどいて、結局は元々そういう環境だった訳だけど。ずっとNGTは良くないよねってそういうのは見ないふりしてみんなオタクしてた面はあったし、何か誰も責められないみたいなところがある。いや、オタクと繋がることはもちろんマズイわけだけど、どこか私達はそれを受け入れながらオタクをしていることも多い。それで今回はそういったことが最悪の形で表面化して、それに対してAKSがめちゃくちゃ対応をするから事態の収集がつかないどころか、今この時点でもAKB48グループのすべてを燃やし尽くす勢いで延焼を続けてる。

 この件で立場が悪いのは何故か世間からコメントを求められる立場にいるメンバーで、もちろん私も向井地美音さんのオタクなのでそういった声を耳にするとすごくヤキモキする。やっぱり総監督なんてやって欲しくなかったと最低だけどそういうことを考える。だってこんな制度そもそも高橋みなみさんという存在そのものに名前を付けたみたいなもので、何で誰かがその立場を継がなくちゃいけないんですか。1代限りにしろや(八つ当たり)向井地美音さんはとても慎重なタイプでこれまで6年ほど活動してきた中でもほとんどそれに粗がない。だから表立って叩かれることもめずらしくて、今後何をするにも総監督なのにという言葉が付いて回ると思うとシンドイなと思う。

 今回はまさにそうなった、総監督なのになぜ何もコメントをしないのか。いや待てなぜ総監督がコメントを発表する必要がある、お前らが納得したいがためにおんちゃんを利用するなよとなる。結局つたない文章をTwitterに載せてはくれたけど。驚いたのは昨日の劇場公演で岡部麟さんが口を開いたことだった。そもそも岡田奈々さんが踏み込んだ発言をしたり、その他のメンバーがこのことに言及するのもどうなのかと思っていて、思いを発信することで立ち位置を表明したいということなのか、でもそれってあくまで自己保身というか、誰かがコメントするとじゃああの子はなぜコメントしないのかとか、あの子は何も分かっていないこっちの子はちゃんとしたこと言ってるとか、作文の発表会じゃないんだし、そうなったらお互いが傷つくだけじゃないですか。このことに関してはメンバーは足並みを揃えておくべきだった、まぁそんなことは不可能なのですが。いやまぁでもなにか発信せずにはいられないのかな、OGも色々と言っているし。それでこうなってしまうと、こうやって言ってる私自身も内容を見比べてしまって、昨日の岡部麟さんの話した内容があまりに独りよがりで、いやドラマチック症候群を地で行くやんと失望してしまったところがあって、でも昨日その後ずっとこれじゃあまりにも悲しい結末だなって思って考えるのをやめた。

 不本意ながら1ヶ月以上アケカスとして活動していなくて、だんだん薬が切れてきたのか本当にオタクやめようかなって思う時間が増えてきた。まぁ今週横浜スタジアムでキメるので気持ちも変わると思っているけど。指原莉乃さんはどこか自分のスキャンダルに対して今も自責の念があるのかなって昨日の流れを見ていて感じた。今まである程度距離のあるコメントをしていたのに、急に踏み込んだ発言に変わったので。多分メンバーに対するポーズだったんじゃないか、こういう地獄の展開になることを読んでいたような気がする。いいコンサートになるといいな、ジワるDAYSに罪はないので。(峯岸はSo long!とジワるDAYSに謝れ)